お願いだからあと1時間寝かせてください

お世話になっております。アラサーOLがいろいろつぶやきます。

わたしのテスト攻略法

今週のお題「テスト」

 

初めて大学受験をした日から、テストで緊張というものを一切しなくなりました。

・物理&化学で挫折して文系クラス
・英語が完全に意味不明
・地歴は覚えられる気がしない
・数学は好き!
・将来やりたいことは特にない
・浪人はしたくない
・でも有名な大学に行きたい!
高3になって部活を引退した私は、大学受験を10ヶ月後に控え、自分の現状および受験勉強へのモチベーション、そして自分の能力を冷静に分析。

 

その結果、「数学受験できる早慶上智の文系学部しか受けない」という、母校(まぁまぁ有名な進学校)では異例の受験をすることに。ちなみにセンター利用で早慶が取れるとも思えなかったのでセンターも捨てました。ブランド志向のミーハーっぷりはこの頃からです。

 

で、勉強時間のほとんどを英語に割き、残りで数学と時々古文をやり、現代文は年明けの代ゼミの直前講習で叩き込み、迎えた第一回戦、vs上智経営。そこでなぜか悟りを開いたのです。

 

倒れなければ受かる。

 

要するに、普段の自分なら解ける問題だけは絶対に取りこぼさなければいいんじゃ?みんなが解けない問題は合否を分けないし、たぶん普通の人はケアレスミスで取りこぼす(そして勝手に倒れていく)から。どれだけ点を積み上げるかよりも、どれだけ点を減らさないかみたいな。取りこぼしナシで落ちたら、それは勉強不足、仕方ない。なんて考えながら試験問題をパラリ。

 

で、結局、その日から
・問題は前から順番に解く
・数秒手が止まった問題は一旦飛ばす
・飛ばした問題にマークをつけておく
・少し考えれば分かりそうな問題にもマーク
・解いたけど自信がない問題にもマーク
・とりあえず最後まで一通り解く
・一旦解き終わったやつの見直しをする
・自信ないやつは落ち着いて解き直す
・飛ばした中で簡単にそうに見える問題を解く
・皆目見当がつかない問題は適当に埋める
・もう1回頭から見直す
・それでも時間が余ったら捨てた問題を解いてみる


という流れが私のその後のテストにおける黄金回答手順になり、緊張も全然しなくなりました。実はオーソドックスな手順なのかもしれませんが、ある程度勉強しておけば、手堅く点が取れる方法と思います。

 

なんであの日にポーンと思いついたのかは分かりませんが、私にしては勉強頑張ったから、神様からのご褒美かなーなんて思うことにしてます。

 

でもあれだね、テストといえば、わたし手汗がすごくて、学校のテスト用紙(わら半紙)がフニャフニャになったり縮んだりしちゃった方が印象強い思い出。

 

手汗ってどーにかならんのかしらね。