お願いだからあと1時間寝かせてください

お世話になっております。アラサーOLがいろいろつぶやきます。

得意料理の模範解答は「煮物」

お題「得意料理」

 

合コンで、料理の話になったことがあります。

会社同期のミカ様と行った商社マンとの3対3合コンにて。

 

男A「みんなネイルしてないね?職場的にダメなの?」

ミカ「ダメではないんですけど、料理する時とか邪魔で…」

男B「ミカちゃん料理するんだ!得意料理なに?」

ミカ「得意ってほどではないんですけど、作ってあげて喜ばれたことがあるのは、ビーフストロガノフと角煮かな」

男B「角煮!すげー!」

男A「モフ子ちゃんは、悪い意味じゃなくて料理とかしなさそうだよね」

モフ子「………チャーハンなら作れますよ?」

 

ネイルしてないことをわざわざ突っ込んでくるあたりが合コン慣れした商社マン。

そこに「料理の時に邪魔だから」と家庭的アピールを返すミカ様の恐るべき対応力。さらにサラリと「ビーフストロガノフ」および「角煮」と畳み掛ける解答力。絶対に想定問答集持ってる。

ていうかこの会話の流れそのものが想定問答にありそうである。

※ちなみにミカ様は先日入籍なされた。やるべきことは行動だなと実感。お幸せに!

 

この後私は「得意料理を聞いたら『角煮』と返答された場合に男性はどう感じるのか」を会う男友達に手当たり次第に聞いて回り、結果、角煮というか煮物類は模範解答(というか最大公約数)らしいという結論にたどり着いております。「男は炒め物は作るけど煮物は基本作らないから」というのが男友達の弁。

 

それは置いておいて、ここで考えるべきは

 

悪い意味じゃなくて料理しなさそう

 

の意味であり、具体的にどういった状況を想定されているのかということ。文法上は矛盾はないのに、得体の知れない矛盾を孕んでいる感じがする、ある意味センスがある文言。考えてもよく分からなかったので、部署の後輩に状況を説明し、知恵を拝借することに。結果、導き出された結論は

 

家にシェフがいそう。

 

だから、料理をする必要がない。

そういうことか。そういうことか?

 

分かるよ。

こいつ料理しなさそーって思ったけど、直接言っちゃうと失礼かなっていう商社マンなりの気遣いが中途半端に発揮された結果の「悪い意味じゃなくて」という捕捉でしょ。分かるよ。分かるけどフォローになってねぇし。実際しないし。料理。涙

 

そんなこんなで、私は後輩と、通っていたABC Cooking Studioで角煮メニューをやり、「角煮を作ったことがある」と言える状況を獲得。

 ていうか角煮なんてバラ肉買ってきて圧力鍋に入れておけばOKという簡単料理であることに驚愕。いいのか、こんなもんで。

 

男「得意料理とかあるの?」

モフ子「得意ってほどでは全然ないけど、角煮とか作ったことあるよ♡」

 

嘘はついてない、しかし質問に答えてそうで答えていない絶妙な想定問答。いつか使う日を夢見て、自然に回答できるよう日夜予行に励んでおります。

 

料理しろよって話だという自覚はある。